加齢臭 洗い方

ただしいカラダの洗い方

 お風呂でのカラダの洗い方も気をつけましょう。普段、何気なく洗っているその洗い方が実は間違っている場合もありますので・・・

やさしく洗いましょう

 皮脂が出るところをしっかりというと、ゴシゴシ洗わなくちゃいけないとおもいがちですが、それは間違いです。

 ゴシゴシ洗うと皮膚を傷つけてしまうほか、皮脂を徹底除去すると、さらに新しい皮脂が出てくるので、逆に加齢臭発生のもとを作ってしまいます。

 皮脂が出やすいところを洗うことは大事ですが、やさしく洗うことが大事です。

よく泡立てる

 やさしく洗うといっても、汚れなどはしっかり落としたいと思います。
 そこで大事なのはしっかり泡立てることです。

 加齢臭対策石鹸には、泡立て用のネットがついているものもあります。専用のネットがなければ、木綿のタオル、スポンジ、麻のタオルなど、泡立ちやすいものを使ってください。

 しっかり泡立てたら、その泡で肌をすべらやすいな感じで、泡で皮膚を洗うようにカラダを洗っていきましょう。

 加齢臭を防ぐために!と考えると、ゴシゴシいっちゃいそうですが、やさしく洗うことがお肌のためにも大事ですね!

ちなみに物足りないと感じる人は、お風呂の回数を増やすようにした方がいいですね。