女の加齢臭

女の加齢臭も男性と一緒で、30歳後半から!

 加齢臭は、おやじ臭って言われるように、男だけのもののように思われますが、女性にもあります。
 当然、男性よりも女性の方がにおいは薄いのですが・・・、
 でも、男性と同じように働く女性が増えたことで、女性にも加齢臭の悩みが増えてきています。

 加齢臭のにおいの原因になるのは、ノネナールという物質であることがよく知られています。
ノネナールは、酸化物質で、カンタンに言うと、皮脂のカスが酸化して(サビて)できた物質です。

 皮脂は、10代、20代もありますが、新陳代謝も多いので、新しく生まれ変わっていきます。
ただ、30代が皮脂の量のピークとなり、40代も多めに。この年代になると、新陳代謝も失われていくので、カスがたまって酸化しやすくなるというわけです。

 そして、30代以降は、臭いの質も変ります。10代、20代は汗のにおいがツンとしたものなのに対して、30代はより脂くさく、そして、40代になると、いわゆる加齢臭の「脂がくさった」ような臭いになるわけです。

 30代後半になってくると、加齢臭がでてくるのはしょうがないことなのですが、しっかり対策をしておけば、においにきづかれないワタシになることもできるんです。

女性の加齢臭を防ぐ3つの対策

 女性の加齢臭を防ぐ対策方法は、大きく分けて3つあります。一番大事なのは、3つめの皮脂の量を抑える生活ですが、すぐにキクのは最初の2つです。

お風呂場で専用のセッケンを使ってしっかり洗う
広告なので、柿渋石鹸を見たことがあると思いますが、ああいったポリフェノール配合の専用石鹸を使ってしっかり洗うことが大切です。また、洗い方にも注意が必要で、しっかり泡立てて、皮脂が出やすいところをしっかり洗うことが大切です。
外出時の汗をボディシートやスプレーでおさえる
外出して、お昼休みあたりを分岐点として、皮脂が出やすくなって、においやすくなるそうです。その時間帯に気をつけて、臭いを抑える効果のあるボディシートやスプレーをしっかり使いましょう。
皮脂が過剰に分泌されにく生活習慣
皮脂の分泌をおさえることはできませんが、食生活、生活習慣の改善で、過剰な分泌を抑えてにおいにくい体を作ることはできます。